さいたま桜道院
許諾番号2013−宗商8
空白
空白

 TOP PAGE  道院紹介  門下生紹介  入門案内  TOPICS  さくら通信  道院所在地  関連サイト お問い合せ

入門案内
 
ご案内


現在、小学生から一般社会人の方まで在籍しており、その方々の始められた動機は様々です。

 日頃の運動不足を解消したい、最近メタボが気になって何とかしたい、いざという時自分の大切な人を守りたい、 引っ込み思案の性格を直したい、精神修養をしたい等々、色々な動機で入門しています。

 また、子供が入門したのをキッカケに、お父さんお母さんも入門され、子供さんといっしょに修練されている方もいます。

 少しでも興味を持たれた方、見学は自由です。体験入門も行っております。 お気軽にお問い合わせください。

 尚、直接道場にお越しいただく場合でも、都合により お休みになる場合がありますので事前にご連絡ください。
 
 
 
■本部職員による技の紹介動画 (金剛禅総本山少林寺の公式サイトです)
 
  宗門の行としての少林寺拳法



修練日時


 専有道場    :毎週 火・水・金 18:30〜21:30(少年部は19:45まで)
           ※祝日はお休みになります。
 
           少年部
           18:30〜作務(清掃)
           18:40〜修練
           19:30〜鎮魂行
           19:45 少年部終了
 
           一般部
           19:30〜鎮魂行
           21:30〜作務(清掃)
           21:35 修練終了
 
 その他道場   :不定期
空白
   尚、体験入門は専有道場に於いて行なっております。
 
 
   修練日は毎回出席しなければならないというものではありません。
   仕事や学校の都合等で週1回の出席で修練されている方もます。
   お気軽にご相談ください。
 
 
道院所在地はここをクリック!
 
 



 連絡先
 
  電話  :048−755−9668 道院長 梶谷
 
  Eメール:sakura.doin@gmail.com 担当 副道院長 一瀬
 
 
 


修練内容


一般部
 
・修練はその人の年齢・体力・性別等に応じて行ないます。
・技は基本動作を中心に、剛法(突き・蹴り・受け等)及び柔法(抜き技・関節技等)の形を学びます。
・ある程度の形が出来てきたら、その運用法(乱捕り)を、学びます。
・運用法は、防具着用や防具なし(当て止め)で行います。柔法については様々な場面を想定し行ないます。
・護身についての対処方法、心構え等を学びます。
・有段者については、段階に応じた圧法(経絡秘孔を押圧し相手を制する)・整法を学びます。
・有段者については、各種法器(如意伝、釈杖伝等)を学びます。
・大会に向けての演武・運用法(乱捕り)を行います。






少年部
 
・まず礼儀作法について学びます。(挨拶、身のまわりの整理整頓、掃除、言葉使い、服装、態度) 
・技については少林寺拳法の基本動作及び形を重点に学びます。
・関節技については、体が成長過程にあるという事を考慮し、体に影響のない範囲で行います。
・ある程度技が出来てきたら、護身についての対処方法、心構え等を学びます。
・大会に向けての演武・運用法(乱捕り)を行います。






精神修養・学科について
 
・修練前と修練後に必ず道場の作務(掃除)を行います。
・鎮魂行を行います。鎮魂行とは少林寺拳法の経典を皆で唱和するもので、少林寺拳法における精神修養の
  実践の柱になっています。
  教典を唱えて教えに心を向け、自らの行いを省(かえり)みます。
  そして、調息して身心の統一を図り、しかるのち少林寺拳法の修練にはいります。
・修練の合間に道院長や幹部拳士の先生による講話があります。
・各昇級や昇段試験には学科試験もありますので、それに向けての勉強を行ないます。




昇級・昇段について


 
・見習い(白帯)から始まり、最初にとるのが6級(緑帯)になります。
・少年部については最初にとるのが8級(黄帯)になります。
・昇級・昇段試験については実技試験と学科試験があります。
・学科試験で、四段以上に於いては論文提出の事前審査もあります。
・初段(黒帯)を取得するまでは、最短で1年半になります。(一般部)
  初段〜三段の試験については、埼玉県連盟昇格考試にて受験します。
  四段以上の試験については金剛禅総本山少林寺の本部(香川県)にて特別昇格考試を受験します。
  (金剛禅総本山少林寺の本部以外(各地方)で受験できる場合もあります。)
・帯の色分け
  白:見習い
  黄:8級〜7級(少年部のみ)
  緑:6級〜4級
  茶:3級〜1級
  黒:初段〜9段
・袖章について
  袖章とは所属名や役職等をあらわしたものを袖に付けます。
 <細線>
  赤:道院所属
  青:支部所属(職場の支部、学校支部、スポーツ少年団等)
  緑:禅林学園所属
  紫:WASKO(世界連合)
 <太線>
  無:一般拳士
  赤:道院幹部、支部幹部
  銀:所属長、講師、役職者等
  金:所属長、講師、役職者等
 
 
・補足 少林寺拳法の資格について
  少林寺拳法の資格には武階、法階、僧階の3種類があります。
  武階:技術的な修練度に応じた資格です。
     8級〜1級、初段〜9段
  法階:初段以上に与えられる精神的な修練度に応じた資格です。
     准拳士少拳士中拳士正拳士大拳士准範士正範士大範士
  僧階:金剛禅総本山少林寺における僧侶の資格です。
     少導師権中導師中導師権大導師大導師
     権少法師少法師権中法師中法師権大法師大法師








TOP PAGE 最上段へ